一つ前に戻る

 > 商品詳細

漢字学ことはじめ

漢字学ことはじめ

商品説明

本書は、文字研究、古辞書研究、哲学研究、国字研究、ヴェトナム語研究、中世日本語研究の6つの分野の
第一線の研究者たちが、各々の専門分野を紹介した講演をまとめたものである。
 ●それぞれの分野の入門的な知識が身につくだけでなく、漢字がさまざまな世界とつながっている
  ことを実感できる内容
 ●漢字に興味を持つ読者にとっては、漢字に関する新たな気づきを随所で体験させてくれる一冊

日本漢字学会(編)

商品概要

日本漢字学会の設立記念シンポジウム「漢字学の未来を考える」にて紹介された、それぞれの研究領域や、
自身の研究に関する講演を収録。

 ◎漢字学の未来を考える (阿辻哲次)
 ◎日本古辞書研究からの提言 (池田証壽)
 ◎韓国人の世界観と漢字 (小倉紀蔵)
 ◎漢字研究の広がりと可能性 (笹原宏之)
 ◎日本における漢喃研究 (清水政明)
 ◎漢字が日本語を育んできた (山本真吾)


    価格(税込) 注文数 教師用
    献本数
    漢字学ことはじめ 1,296円
    小計

    0

    0

    カートに入れる